中小製造業の皆様、フィリピンへでビジネスチャンスを掴みませんか?

海外への販路拡大や現地進出の第一歩

海外への販路拡大や現地進出の第一歩

フィリピンは2010年頃より第3次投資ブームとして脚光を浴び始め、特に最近はチャイナ+1として製造業を中心に多くの企業がフィリピンへ進出しています。しかし、進出日系企業の実に68%が「原材料、部品の現地調達が困難」と最大の課題として挙げています。
そのため部品加工等、サポート企業のニーズは高く、フィリピン進出する企業が増加傾向である事からもこのニーズは今後さらに高まっていくと予想されます。

リスクを抱えていきなり海外進出するのではなく、はじめはマッチングシステムを利用して仕事の受注を目指し、目途が立ちそうだと判断した時点での海外進出を検討するといったことも可能です。また海外進出のノウハウ構築により、そこからの横展開というのも期待できます。ぜひ、貴社の経営戦略の選択肢にフィリピン市場を考慮して下さい。

フィリピンの魅力を見る

フィリピンではこんな企業を求めています

  • 高精度の部品を供給できる企業
  • 試作品を作ってくれる企業
  • 有償で技術指導をしてくれる企業

事例紹介

事例紹介一覧へ

フィリピン進出支援サイトP-Assistは、海外に販路を求めるものづくり企業とニーズ・課題を持つフィリピンの企業をマッチングいたします。